灼熱カバディマンガ&アニメ|プロット|キャストとキャラクター|ボリュームの概要

カバディは最近、マンガおよびアニメ業界に加わりました。武蔵野肇の漫画「灼熱カバディ」は2015年に始まり、人気シリーズになりました。

TMSエンタテインメントによるカバディアニメの燃焼

アニメ「灼熱カバディ」は、トムス・エンタテインメントの市川量也監督が制作したものです。シリーズを担当する作家は柿原優子、高田真理が陰謀に貢献した。

バックグラウンドミュージックは伊藤健(»半田くん«)が作っています。主題歌「火の鳥」は俊也、最後の曲「コミン・バック」は主人公の内田達也が歌う。

NS カバディアニメ シリーズは、2015年7月から小学館「マンガワン」誌に掲載された武蔵野肇のマンガを原作としています。出版社はコミックを15巻発行しています。

プロット

NS カバディの漫画 予告編は、プロプレイヤーがライブでやり遂げなければならない残忍なゲームとハードワークを描いています。一息でポイントを獲得するのは簡単ではありません。それはあなたが侵略者を捕まえて勝利があなたのものになるまで彼らを引きずり下ろさなければならないカバディの有名な南アジアのゲームに焦点を合わせています。

予告編は、主人公の代越達也、井浦圭、大城正人、美澄恭平、相馬宗馬、シンジ・デイトが登場します。

元サッカーチャンピオンの学生である代越達也が学校のクラブに招待された。彼は運動が嫌いで、ゲームを冗談だと思っています。私立の野峡高校に入学した後も、クラブ活動に参加せず、好きなだけ時間を過ごしたが、ある日、カバディクラブへの勧誘が現れた。

しかし、彼は後にカバディが武道の試合と同じくらい洗練されている可能性があることを知ったときに考えを変えます。武蔵野肇の原作マンガが第66回小学館漫画賞にノミネートされました。マンガの第16巻は2021年3月18日に発行されます。

俳優とキャラクター

待望のアニメが2021年4月2日に初公開されます。アニメが最初に発表されて以来、コミックには多くの追加がありました。このシリーズは、日本語で「しゃくねつカバディ」と呼ばれ、駒田航、神尾晋一郎、村瀬歩の3人のキャラクターが登場しました。 3人の新しいキャラクターは、カバディクラブの1年生として機能します。デザインと背景の内訳は次のとおりです。

  • ノブタカ・バン: 彼は怖いように見えますが、実際には、彼は恥ずかしがり屋で、静かな声をしています。主人公の吉越達也と同様、信孝は経験豊富なサッカー選手であり、練習試合で生放送を見た後、熱狂的なファンの城越がカバディに加わった。
  • 関竜太: リュウタは優れたコミュニケーターであり、幼い頃からひとみや潘と友達になっています。彼は元相撲チャンピオンで、クラブへの招待を受けて去った。
  • ひとみゆき: ユキは練習試合を終えて入会。見た目では、ユキはしばしば女性と間違えられます。

以前に特定されたキャストメンバーは

相馬あぜみち(佐藤元声)

相馬あぜみちは、宝越達也シリーズの主人公と同じ学校である能金高校の1年生です。彼女の両親の自宅の職場と粘土は山の高いところに住んでいるので、相馬の毎日の生活は筋力トレーニングのようなものです。その結果、彼女はスリムな体型にもかかわらず強力です。彼は1ヶ月間カバディを演じました。

井浦圭(古川慎声)

圭は、能金高校カードチームの副キャプテンです。彼は非常に頭が良く、優れた分析能力を持っています。一見、静かで温和な人のように見えますが、実は頭のいい人です。主人公の鳳凰達也が入社すると、圭は彼を脅威と見なす。彼はカバディで6年の経験があります。

シンジ・デイト(武内駿介声)

シンジ・デイトは高校2年生で、業界を引退した元経験豊富な野球選手です。彼は高校で何か新しいことをすることを計画していて、カバディクラブに招待され、6ヶ月間プレーしました。彼は強い体と筋力に恵まれています。

リッジ相馬(佐藤元声)

リッジは1年生です(背番号5)。彼は5月15日に生まれ、右利きです。彼は芸術が大好きです。彼の好きな色はオレンジと茶色で、彼の好きな季節は秋です。

関竜太(声-駒田航)

龍太は宗和高校との練習試合を終えて入団した一年生(背番号8)。身長167cm、体重80kg(157による)。彼は6月18日にジェミニOの一種の右手として生まれました。彼のユニークな点は、彼の日本の歴史に関する知識です。

大城正人(岡本信彦声)

三級。カバディのディレクター。同じ数は1です。彼の身長は171cm、58 kg(MAX)です(エピソード152現在)。彼は1月1日、ABタイプの山羊座で生まれました。彼の両親は亡くなりましたが、彼の父、直人は日本のカバディの代表でした。世界と地域経済の歴史における彼の専門知識。

竹中

彼はサッカークラブのマネージャーであり、以前は積極的にヨゴシにサッカークラブへの参加を呼びかけていましたが、やがてカバディクラブを支援したいと考えました。

安藤

安藤は野球部2年生のエース投手。彼は古い体育館を使用する権利をめぐってカバディクラブと対立し、カバディを「マイナースポーツ」として見下しました。

マンガ巻まとめ

第1巻〜第2巻:おごえ罠

野京高校1年生の横越達也は、元サッカー選手としての実績はあるものの、サッカーなどのスポーツとは一線を画す生活を送っていた。ある日、カバディの1年生である初戸相馬に何度も誘われてクラブの練習を見守っていたヨゴシは、井浦圭副所長の試合に負け、躊躇して入会を余儀なくされた。当初、ヨゴシはカバディを「いろものスポーツ」として馬鹿にしましたが、練習を続けるうちにその美しさに介入しました。

第2巻〜第3巻野京高校VS総和高校練習試合

野京高校カバディ学科は、選手たちが実践的な経験を積む必要があると感じました。曽我高校カバディ学科の古くからの知人、ユエ・ウス・オジョ・マサトに練習試合の準備を依頼。総和高校との試合後、野峡高校は高谷蓮が維持する価値のある選手であると述べています。

ボリューム4:世界の報道

カバディ協会の現会長である水堀新大城と6人の受賞者が、カバディ高校チームのメディアインタビューに参加するためにYoiEtsuからノミネートされます。インタビューには星鹿高校とピーク高校が参加。

4〜8巻:3校のトレーニングキャンプ

夏休み、野峡高校は、大城と井浦の元友人である大本とさくらが率いる埼玉もみじ高校と栄穂高校と協力して合宿を開催します。野京高校のメンバーは、合同スポーツやリハーサルスポーツを通じて他校の選手たちに励まされ、ガイドを見つけました。

野京高校と栄穂高校のゲームシーンに焦点を当てた本ですが、ゲームだけでなく、訓練中のキャラクターの心理描写も詳細に描かれ、作者は各キャラクターを丁寧に表現しています。第5巻では、秀嶺との練習試合で王宮を倒すシーンが衝撃的。

秀嶺監督の神畑は、ストイシズムを追求する人物です。国内で2位という輝かしい功績には全く確信が持てないことを非常に強く認識しています。

第8巻:小さなゲーム

三校合同合宿の後、清海高校の地域活動を見に来た高谷さんから、横越さんと初堂さんが招待されました。前半、初代聖海高校の芝美琴が横越と衝突。佐伯銀副所長の許可を得て、ヨゴシらと3対3の小さなゲームをする。水堀は、現場でイベントの終わりを見ながら、ヨゴエの攻撃技術の高さに驚かされると同時に、防御力の欠如に気づきます。

第8〜9巻:特別な防御訓練

水堀からヨゴシの詳細を聞いた日本代表カバディの元キャプテンである久野英二が、野京高校のコーチ兼ディレクターに就任。野京高校の防御力は、「最強の防御力」とされた雲の特殊防御訓練によって劇的に変化する。それまで攻撃を厳選していたイブニングユエは、弱点と課題に直面している。

第9巻:サマートーナメントのオープニング

トーナメントの抽選会で、カバディには予選がなく、最初から関東トーナメントに出場したことを宇藤からヨゴエに伝えられる。夏のトーナメントが始まります。

9-10巻:関東トーナメントBブロック第1戦野峡高校VS白嶺IS

野峡高校は、曽園敦司をキャプテンとする白嶺ISと対戦。元アスリートは先発として強力なヨゴエを任命し、チームのやる気を引き出すことに成功しました。しかし、プロのキャプテンと野外投球組織を使った巧みな攻撃で、野峡高校が勝利を収めた。

このボリュームのハイライトは、最初の試合に対する各野京メンバーの気持ちの描写です。 2年生以上はその年の最初のレースの損失を断ち切る準備ができており、1年生は最初のレースを突破するように動機づけられています。キャラクターごとの詳細な心理描写であり、男性の心の熱を伝える描写です。

10〜12巻:関東トーナメントBブロック第2戦野峡高校VS大山律信高校

野峡高校の対戦相手は、前回の冬季大会の第1戦で敗れた大山律信高校。もう一方のエンドチームである美澄恭平とシンジ・デイトに直面して過去の記憶が浮かび上がるが、それはアルノキョウ高校全体であり、ゲームに直面することでチームの団結が強化される。静かなエース、大和哲夫が率いる大山律信高校は、雲の親友である阿川金継ぎ監督の直属の計画で野峡高校を追い詰めている。しかし、野京高校は水澄と伊達で勝ち、今では野京の守備選手が養護の戦術を駆使している。

12〜13巻:関東トーナメントブロックB第3ラウンド、総和高校VS埼玉もみじ高校

弱い小学校ではなくなった野京高校は、すぐにブロックBの第3ラウンドをスキップしました。そしてBブロックの第3ラウンドをスキップしました。成功すれば、野京高校とのブロックチェーン決勝戦は、昨年関東地方で4位の宗和高校と埼玉もみじ高校のトップとの対戦となる。

片桐浩二のような攻撃的な男たちでいっぱいの総和学校との試合は、野京高校と埼玉もみじ高校との練習試合では見られなかった。しかし、結局、総和ハイエース高谷高校生が大きな役割を果たし、優勝しました。対照的に、同じ学校のチャンピオンであるさくらは、彼女を屈辱することを誓った。

14〜15巻:関東トーナメントブロックB決勝、野京高校VS総和高校

B最後のブロック。最終段階に進むためのチケットファイトは、世界グループ時代のライバルである野峡高校と総和高校の大城と六元の監督の試合です。ゲーム開始から両校の管制塔では、荒木経惟の野峡高校と井浦による奇襲攻撃、高谷の保存宗和高校と緒方宗介など、さまざまな戦略が展開されていきます。

王宮への襲撃と6本の攻撃の後、ヨゴエが最も多くのポイントを獲得し、宗和高校の坂丹が野京高校のリードに最後の攻撃を開始しましたが、それはヨゴエの防御とギャップの回避に一歩近づきました。宗和高校が敗北。試合終了後、最終リーグの前半と後半にビデオアシスタントレフリープログラムを導入することが決定されました。

jaJA